科学機器・機材

HOME > 科学機器・機材 > ダイヤモンドワイヤーソー

ダイヤモンドワイヤーソー

ダイヤモンドワイヤー

ダイヤモンドワイヤーとは、ダイヤモンドの砥粒が芯線の周りに電着された固定砥粒式ワイヤーです。米国にあるInnov Wire Technology社は、他社に先駆けてダイヤモンドワイヤーの製造を開始した先駆的企業です。徹底した品質管理体制の元、高品質で安定したスペックを持つダイヤモンドワイヤーを、低価格で供給しております。
線径、砥粒サイズ、砥粒密度の異なる多くの種類のダイヤモンドワイヤーを取り扱っておりますので、研究開発用途から、ウェハリング、クロッピング、ブロッキングなどの生産用途まで、様々な御要望にお答え致します。

シングルワイヤーソー CS203

研究・開発用途に最適な小型のダイヤモンドワイヤーソーです。卓上サイズですので、研究室、実験室など設置スペースが限れられた場所への設置が可能です。切断による衝撃が少なく、切り代も少ない為、脆いサンプルや貴重なサンプル、電子顕微鏡観察用サンプルなどあらゆる用途にご使用いただけます。

  • 商品:CS203
  • メーカー:ニューメタルス エンド ケミカルス コーポレーション
  • URL:http://www.newmetals.co.jp/

シングルワイヤーソー CS411

研究・開発用途から生産用途まで、広範な用途にご使用頂ける中型のダイヤモンドワイヤーソーです。卓上設置が可能ですので、研究室、実験室など設置スペースが限れられた場所への設置が可能です。測定・観察用の小型サンプルから、100mm程度の中型のサンプルまで、バリ、チッピングの少ない滑らかな切断が可能です。自動スライシングテーブルが付いており、簡単にウェハーを切り出すことが出来ます。

  • 商品:CS411
  • メーカー:ニューメタルス エンド ケミカルス コーポレーション
  • URL:http://www.newmetals.co.jp/

クーラント

ダイヤモンドワイヤーとの相性を考慮して選定されたクーラントです。ダイヤモンドワイヤーによる切断は、基本的には水のみで行えますが、界面活性剤をベースとした本クーラントを数%加えるのみで、さらに切断性能が向上します。基本成分が界面活性剤であるため、切断後の後処理も非常に簡単です。

ワーク固定用ビーム

ダイヤモンドワイヤーでの切断を前提として開発されたワーク固定用ビームです。ワークを切断する場合には固定用ビームの一部も切断することになりますが、適切な素材を選ばないとワイヤーにダメージを与えてしまいます。本ビームはワイヤーへのダメージを考慮してポリウレタン素材を採用しており、試験によってその有効性も実証済みです。多孔質素材の為、接着剤との相性も良く、ワークの保持力も高められます。